カミソリは意外とキレイに処理できます

カミソリによる処理

私が行うムダ毛の自己処理法は、主にカミソリです。
永久脱毛には興味はありますが、体に悪影響があるのではないかと考えてしまい、なかなか踏み出せません。
カミソリで毎日のようにムダ毛を処理するのは疲れてしまいますが、女性として生まれた以上、仕方ないですね。

 

カミソリで行う処理の方法で、以前雑誌で見たのは、石鹸等は付けずに毛流れに沿って剃る方法でした。
でも、私はこの方法ではなく、自分なりに良いと思う方法を実践しています。
石鹸を付けたほうが滑りが良いので付けますし、毛流れには逆らったほうがキレイに剃れます。

 

ですが、石鹸で時々刃が滑ると傷を付けてしまい、危険なので要注意です。
カミソリの刃が滑らないよう、とことん注意しなければなりません。
わき毛なんかは特に、くぼみがある分、処理が難しいですよね。
剃り残しができてしまいがちなので、しっかり丁寧に行うことが大切です。
また、カミソリで処理した後は、肌が思った以上にダメージを受けているから、しっかり保湿も欠かせません。
保湿ケアを行い、肌をいたわることで、カミソリでの処理でも美肌を保つことができています。

ムダ毛処理の失敗談について

ムダ毛はいつも家のお風呂場で、カミソリで処理をしています。
以前いつものようにカミソリでムダ毛を処理していた所、なかなか毛が切れないなと思ったらカミソリがさびていました。

 

カミソリがさびていたせいか、おでこ 脱毛した後の肌が荒れてかゆくなってしまいました。
カミソリがさびていたことに気づいたら、使わなかったのにと思ってとても後悔しました。
私の肌は荒れやすいので、そのことがあってからはもっと気を付けるようになりました。

 

カミソリでムダ毛を処理した後は、ボディクリームを塗って保湿をしっかりしています。
カミソリでムダ毛を処理するのは手軽でいいですが、肌が荒れることがあるのが嫌だなと思っています。

 

ムダ毛処理の方法でカミソリを使う以外にいい方法があれば、それを試していきたいです。
脇 脱毛クリームのように、なるべく手軽でお金がかからない方法がいいなと思っています。

 

自分に合ったムダ毛処理の方法をこれから探していきたいです。
肌にとって負担がかからない方法でムダ毛処理をしたいです。

中学時代のムダ毛処理体験

私は体毛が濃い方で、中学生くらいになったころからムダ毛の処理には悩まされてきました。
中学生のころはとりあえず剃刀で腕や足のムダ毛の処理をしていました。
腕や足は面積が広いので脱毛ラボ 梅田はすごく時間がかかって嫌でした。でも一度やりだすとやらないわけにはいかないので仕方ないですよね。

 

友達が除毛ムースがいいと勧めてくれたので、一度使ったことあるんですが、放置時間が結構かかって、除毛が終わるまで待っている間が退屈だし、なんとなくひりひりするかんじもあるので、私にはあまり合いませんでした。友達は一度やったらしばらく生えてこないと言っていたけど、私の場合は剃刀で処理したのと同じくらい早く生えてきましたし。

 

あと、ビキニライン 脱毛器も使ったことがあります。ガムテープを貼ってはがすようなもので、かなり痛かったです。これも一度やると嫌になりました。

 

除毛ムースも除毛テープも最近あまり見かけない気がしますが、私は両方体験してあまりよくなかったので、やっぱりみんなもそう思っているのかなと思います。剃刀が一番いいです。

私が行ってきた自己処理法

私は中学生の頃、初めてムダ毛処理をしました。
その頃はムダ毛処理 Vラインに対する知識などもあまりなく、カミソリで剃るという、ごく一般的な処理を行っていました。
でも、カミソリでの処理では、すぐに伸びてきてしまいチクチクしてきます。

 

それから、次の日にデートを控えたある日、いつもより張り切ってムダ毛処理しようとしたら、足の毛を剃る際に手が滑り、大きな傷を作ってしまったこともあります。
もちろん、デートでは彼に心配をかけてしまいましたが、ムダ毛処理で作った傷だとは言えず、適当にごまかしました。

 

そんな経験もあり、今は家庭用脱毛器による処理を行うようにしていますが、完璧!と思っても後から良く見るとチクチクと短い毛が残っていることが多いんですよね。
脱毛器の処理だけでは、全部のムダ毛をキレイに処理することができないので、毛抜きで最終仕上げするようにしていますが、確認しながらの作業はかなり時間がかかります。
時間がない時は、カミソリで処理しますが、逆剃りすると肌を傷めるので、その点だけはしっかり気を付けています。